アクロコルドンは?因子と事柄

アクロコルドン,事情,病態

 

アクロコルドンは、首や脇の下、面構え、ミルク、鼠蹊部といった表皮が軟らかい部分にもらえるイボだ。

 

がたいは2~3mmほどで、型は平べったいものが数多く、肌色・茶褐色のものまでさまざまあります。

 

水イボをはじめとするその他のイボと違う点は、ウィルス性ではないということです。他人に伝染せず無害・良性のものがほとんどです。

 

階層を重ねていくと、アクロコルドンができていることに勘づく場合が数多く、その偶発の原因は加齢・UV・肌へのスレ・ドライ・ターンオーバーサイクルの壊れ、などと言われています。

 

30代以降の中高年の女性に数多くその姿が見られることが分かってあり、他にも肥満・糖尿病気・妊産婦・産後の他人にも発生しやすいだ。

 

アクロコルドンの姿には玉石混淆仲間があり、スタイル・がたいなどで区別されている。

 

基本的には同様の取扱いとなっていますが、アクロコルドン(平たい)、スキンタッグ(もみ殻状の型、付け根は細かい)、軟性線維腫(直径5mm、盛り上がってある)などがあります。

 

アクロコルドン,事情,病態

 

だんだんと数が増えていくのも個性の一つで、目立たない場所に叶い、痛苦も弱い結果、自分では気付きがたく、第三者から指摘されてついに気が付くことも多いだ。

 

服やアクセサリーに引っ掛けたり、スレされたりすると、炎症を起こすことがある結果、見た目にも気になる他人は治療をすることが出来ます。

 

手当としては、スキンタッグのようにでっぱったスタイルのものであれば医療専門ハサミでの切り落とし、アクロコルドンのように平たいものでは液体窒素でのストップ療法・電気焼却・二酸化炭素レーザーなどによる切除法があります。

 

局所麻酔をする場合もあり、一つ一つのイボを丁寧に切除していきます。ハサミによるケアでは痛苦も速く、出血もたまたま、傷跡も残りがたく、保険適用となります。

 

二酸化炭素レーザーによるケアでは牝を用いない結果、ちっちゃなイボでは麻酔もカット・ケア時間も少ない・出血も乏しいという利益がありますが、多少の痛苦が伴い保険適用外となります。

 

お越しやれる病棟は表皮科・ビューティー外科であり、眼の周りの場合には眼科でお越し治療できる場合もあります。

 

オペ自体は非常に簡単なもので、術後のかさぶたがなくなれば取り引きとなります。

 

ライフスタイルにそれほど面倒がなければ、ただただケアをしなくても捨て置くイボでもありますので、炎症が起きてしまった場合には保険適用として、美容面でのケアの場合には保険が適用されないこともあります。

 

首いぼクリームホームページへ